2017年01月23日

【裁判員裁判】 被害者のプライバシー問題 その後

こんにちは!
office kei カウンセラーの中島です。

寒いですね。
今朝起きたら近所の家の屋根に薄っすらと雪が積もっていました。
都市高速が止まっているそうです。
お出かけの際には足元に気をつけて。
暖かくしてお過ごしくださいね。


今日は性暴力被害についての記事なので、フラッシュバック注意です。




最近、児童虐待の勉強をしなおしています。
今年の4月に法律の改正されることもあり
古くなってしまった知識のメンテナスといったところです。

一番対応が難しい性的虐待について調べているうちに
裁判員裁判以降、性犯罪での起訴が激減しているというニュースに行きあたりました。

ソースはこちら↓
強姦致傷罪での起訴は裁判員裁判以降、激減した
https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/prosecutor-did-not-indict-takahata?utm_term=.tx8PMxx7W#.mt0PpQQxG

裁判員裁判が始まった2009年当時、私もこのテーマに関して様々なエントリーをあげました。

「裁判員裁判・プライバシー問題」
http://akiras-room.seesaa.net/category/25690068-1.html

ただでさえ性犯罪の被害者は訴える人が少ないのです(内閣府の調査では約4%)。
自分が遭った事件の詳細が裁判員という一般市民の目に触れることは、被害者にとってどれほどの苦痛でしょうか。
裁判員裁判では極端なビジュアル化と口頭主義が貫かれているため、過剰演出による詳細な読み上げが行われます。私が傍聴に行った裁判でも検察官によりお芝居のように供述調書が読み上げられました。
【参考】 裁判員裁判 問題が山積み(2)
http://akiras-room.seesaa.net/article/391808472.html

事件の詳細が傍聴人にも聞かれてしまうわけですね。
これでは、訴える人が減る、あるいは取り下げる人が増えても仕方がないことだと思います。


昨年の暮れに「裁判員等選任手続での被害者特定事項の保護」が、やっと法制化されました。
これ自体はずっと望んできたことですし、素直に喜びたいと思います。

・裁判官,検察官,被告人,弁護人は,裁判員候補者に 被害者特定事項(注)を正当な理由なく明らかにしてはな らない。(第33条の2第1項)
・裁判員候補者又は裁判員候補者であった者は,裁判員等 選任手続で知った被害者特定事項を公にしてはならない。 (第33条の2第3項)

しかし、先述しましたように裁判員制度を導入したことで裁判の様相が一変してしまったことは変わりありません。それによって性犯罪の告発が減り、結果的に犯人は野放しになりさらなる被害者が増え続けていることに目を向けるべきでしょう。
私は未だに性犯罪は対象事件から外すことを強く望んでいます。

どこにどのように訴えていけば実現するのか、無力感が押し寄せますが…。
今は、たくさんの人と手を繋ぐことが必要なのでしょう。
誰かと手を繋ぐために、少しづつでも書き続けていきたいと思います。





おわび
※ ブログ移転以来、リンク切れが多発しています。ご不便をかけてすみません。



女性専用心理カウンセリング office kei
http://www.ab.auone-net.jp/~office-k

2017年01月01日

新年のご挨拶


謹んで新春のお慶びを申し上げます
皆様にとって素晴らしい年となりますように。


image.jpeg


office kei カウンセラーの中島です。
旧年中は沢山の方にお越しいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
これまで以上に皆様のお役に立てるよう精進していきたいと思っています。
本年もご愛顧のほど、よろしくお願い致します。








女性専用心理カウンセリング office kei
http://www.ab.auone-net.jp/~office-k
posted by akira at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

苦しみの理由

メリー・クリスマス ‼︎
office kei カウンセラーの 中島@テンション高め です。

3連休のど真ん中、しかもクリスマスイブですよ。奥さん!
今頃は町中カップルで溢れていることでしょう。
で、私はといえば、ひとり寂しく事務所でコーヒーをすすっております。

ところで
最近、「マインドフルネス」というものが流行っています。
スピリチュアルなものからゴリゴリの心理学方面のものまで関連本がたくさん出ています。
ネットでもちょっと検索をかけると、やり方がいっぱい出てきます。

マインドフルネスとは一体なんでしょうか?
日本マインドフルネス学会による定義では

『マインドフルネスを、“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること” と定義する。
なお、“観る”は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらにそれらによって生じる心の働きをも観る、という意味である。』

となっています。ちょっと難しいかも…。
マインドフルネスについては、近々(本当か?)もう少し詳しく書こうと思いますが、ここでは「今ここでの自分に気づくこと」というふうに理解しておいてください。

マインドフルになる為の行いの中に瞑想という方法があるわけですが、私もここ数年、実践(おおげさ)しておりまして、効果を実感しています。

私が感じるマインドフルネス瞑想の効果
・ストレス軽減
・より良い睡眠
・自分の感情のモニタリング
・イライラや怒りが減る
他にもいろいろ効果はあるようです。

マインドフルネス瞑想にもいろいろなやり方がありまして、その中でちょっと毛色の変わったものに「慈悲の瞑想」というのがあります。

「私が幸せでありますように 私が苦しみから解放されますように」
と心の中で唱えながら瞑想するのですが…。
(以降、私の大切な人、知り合い、生きとし生けるものの、というふうに続きます)

先日、プライベートでちょっと困った状況に陥ってしまい、夜も寝られないほど悩んでしまったわけです。
こんな時こそマインドフルネスよ!ってな具合で瞑想しておりました時に、ふと…。

「苦しみから解放される」んではなくて、「苦しみを解放」しないといけないのでは?と思ったのです。
「苦しみに捉えられている」私ではなく、苦しみを捉えて離さないのは「私」なんだなと。
苦しみの元になっている「自分の欲」を手放せば、この苦しみは無くなるわなと。

そんなことを思いついた瞬間に、一気に楽になりました。
状況自体はまだ変わっていないのですが、心持ちが穏やかになったおかげで、冷静に対処法を考えられるようになりました。

「苦しみの理由」は様々ですが、手放すことができる苦しみもあるのではないでしょうかね。




女性専用心理カウンセリング office kei
http://www.ab.auone-net.jp/~office-k
posted by akira at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

年末年始休業のお知らせ

女性専用カウンセリング オフィス ケイ
カウンセラーの中島です。

12月ですね。
12月ですね。
12月ですね。

大事なことなので3回言いました(笑

今年も残すところ1ヶ月となりました。
あっっっという間の1年でした。
皆様は、どんな年を過ごされましたか?

私には、なにやら決断の多い一年でした。
来年はここ数年間の集大成がやってくるような気がいたします。
ワクワクドキドキです。
詳しくは年明けしてからお知らせしたいと思っています。
(引っ張るねぇ)

で、年末年始のお休みは例年通り
12月30日〜1月3日までとさせていただきます。

年末ギリギリまで営業していますので、
今年の悩みは今年のうちにご相談いただければと思います。
すっきりして新年をお迎えくださいませ!
では、ご予約をお待ちしております。



女性専用心理カウンセリング オフィス ケイ
http://www.ab.auone-net.jp/~office-k/
posted by akira at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

麻央さん、ありがとう。

女性専用カウンセリング オフィス ケイ
カウンセラーの中島です。

今日はカウンセリングとは関係ない話をします。

ここのところ、小林麻央さんのブログをずっと読んでいました。
ゲルソン療法を始められたようで、だいぶ心配していました。

この記事を書いてくださった麻央さんに感謝します。

小林麻央のオフィシャルブログ 「それぞれに合ったもの」
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12213606527.html

何を選択するかは本人次第ですが、何を選ぶかによってはとても危険なこともあります。

麻央さんがゲルソン療法をどこまで厳密にやっておられるのかはわからないのですが、極端な食事制限や無理な排泄を伴う療法なので患者さんのQOLを著しく損なうおそれがあります。真面目に取り組めば少なくとも相当の体力は持って行かれると思います。

「藁にもすがる気持ち」というのは、私も含め多くのがん患者が抱く感情ですね。
ただ、有名人の方がこういう療法を始めると、それをPRに利用しようとしたり、有名人がやっているから大丈夫だろうと自分もやって見る人が出てきます。

麻央さんが書いているように、自分に合っているのか、自分に本当に必要なのか、それぞれが冷静に判断しなくてはならないのだと思いました。


女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区
http://www.ab.auone-net.jp/~office-k/
posted by akira at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のこと | 更新情報をチェックする