別室(blog)を更新しました。

はてなの方でもブログやってます。久しぶりに更新しました。  「明日、ママがいない」まとまらないまとめ  http://d.hatena.ne.jp/akira-2008/20140122 女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区 http://www.ab.auone-net.jp/~office-k/index.html

続きを読む

LOVELOGサービース終了ですって!!!

新年のご挨拶も申し上げないまま、そろそろ松の内も明けようとしています。皆様は、どのようなお正月を過ごされたでしょうか? 私は例年のごとく、三が日は喰っちゃ寝飲んじゃ寝で体重が大幅に増加してしまいました(^_^; さてさて、表題の件…。とても残念なお知らせです。 LOVELOGは3月末に書き込みができなくなり、6月末には閲覧もできなくなってしまうそうです。 それを知ったのは昨日のこと。 新年のご挨拶をupしようとログイン画面に行ってみると…!!!! 「【お知らせ】LOVELOGはサービスを終了いたします。」と小さく。 http://www.au.kddi.com/information/topic/internet/20140108-01.html LOVELOGを運営するau one netからはメールさえ送られてきません。 カウンセリングルームを開いてから、こちらのblogに出戻ってきた私ですが、 このblogを始めたのは2004年の11月のこと、めでたく10年目を迎えた矢先にこの出来事です。 最近LOVELOGでblogを始めた方はご存じないかも知れませんが、 LOVELOGは当初au one net(旧DION)の契約者のみが使えるサービスで、 広告がでないこと、契約がしっかりしていることを理由にこちらでblogの運営を始めました。 あの頃は、サーバ落ちはしょっちゅうだし、めちゃめちゃ重いしでしたが、 ユーザー有志の掲示板などもあり、そちらで知恵…

続きを読む

動機

「誰かのタメになることを、おかんのためにするんだよね」 10年ほど前のお嬢の言葉だ。 当時、色々なところから声をかけていただいて、講演会や研修会、はたまた大学の講義などで話をする機会が多かった頃のこと。話をするといっても自分が体験したこと特に「虐待加害者」だったころのことを話すわけだが。 ある時、平日にそういった仕事が入ってしまい、娘を預ける先の都合がつかず、夜までひとりで留守番させなければならなくなったことがあった。 「おかんさぁ、明日、お話する仕事があるんだけど、帰りが夜になりそうなんだわ。帰ってきたときおかんいないけど、ひとりで留守番出来るかなぁ」 「誰に話すと?」 「学校の先生とか、心の治療をする人になる為の勉強をしてる大学生の人たちが、おかんの話が参考になるから聞かせてほしんだってさ」 そこでお嬢がいったのが冒頭のセリフ 「誰かのタメになることを、おかんのためにするんだよね。大丈夫だよ留守番できるよ」 物事の本質を捉えているというか、私の行動の動機まで、しっかり見抜かれていた。 子どもってすごいなあと思う。 講演会やTVのインタビューを受けるとき、司会者の方は必ずと言っていいほど「誰かの役に立つならと、辛い経験をお話してくださいます」なんていうセリフで私を紹介してくださる。こそばゆいというより、言ってもないことをでっち上げないでくれという、腹立たしい気持ちになる。 自助グループを運営していたこと、誰かの前で話すこと、メディアの取材を受け…

続きを読む

非力

次々と現れる自衛論者たちを目の前にして、為す術も無く立ち尽くしているといった感がありますが・・・。 非力であっても無力ではないと思いながら踏ん張っています。

続きを読む

もっと他にやりようがあるだろう。「子ども手当」編(2)

前のエントリでは、「子ども手当」に関する問題点を思いつくままに書いてみました。 民主党の「子ども手当」に対する基本的な考え方は「子どもが生まれてから社会に出ていくまで一貫して育ちを支えていこうというスタンスに立っている」とのことですが、前エントリで書いたように、たとえ「手当」を支給したとしても、確実に子どもの生活が向上するとは言いきれないし、また、支給そのものを受けられない子どもが出てくるのは必至です。 私は、子育てする親に対する支援ではなく、直接子どもを支援する方法を模索するべきではないかと考えています。 で今回も、またまた「こんな風に使えば」というのを思いつくままに・・・。 ■給食費の無料化 「給食費の滞納」が問題になっています(主に親のモラルの問題としてです)が、払いたくても払えない親もいます。 また要保護及準要保護児童生徒援助費補助金(学校給食費)という制度もありますが、制度の利用をためらう(あるいは知らない)親もいるでしょう。 どうせ一律に配るなら、給食費を「ただ」にしてもよいはずですよね。 ■「子ども健康保険」の創設と保険料を無料化 昨年、国民健康保険の保険料を滞納し無保険化している子どもが、全国で推定3万人いる(毎日新聞の調査報道により問題化)ことが発覚し国民健康保険法改正につながりました。 改正国民健康保険法が成立 無保険の中学生以下の子女に対し6ヶ月の被保険者証を発行(労務ドットコムの名南経営による人事労務管理最新情報)…

続きを読む