2014年01月22日

別室(blog)を更新しました。

はてなの方でもブログやってます。久しぶりに更新しました。


 「明日、ママがいない」まとまらないまとめ
 http://d.hatena.ne.jp/akira-2008/20140122









女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区

posted by akira at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

LOVELOGサービース終了ですって!!!

新年のご挨拶も申し上げないまま、そろそろ松の内も明けようとしています。皆様は、どのようなお正月を過ごされたでしょうか?
私は例年のごとく、三が日は喰っちゃ寝飲んじゃ寝で体重が大幅に増加してしまいました(^_^;

さてさて、表題の件…。とても残念なお知らせです。
LOVELOGは3月末に書き込みができなくなり、6月末には閲覧もできなくなってしまうそうです。
それを知ったのは昨日のこと。
新年のご挨拶をupしようとログイン画面に行ってみると…!!!!
【お知らせ】LOVELOGはサービスを終了いたします。と小さく。
http://www.au.kddi.com/information/topic/internet/20140108-01.html

LOVELOGを運営するau one netからはメールさえ送られてきません。


カウンセリングルームを開いてから、こちらのblogに出戻ってきた私ですが、
このblogを始めたのは2004年の11月のこと、めでたく10年目を迎えた矢先にこの出来事です。

最近LOVELOGでblogを始めた方はご存じないかも知れませんが、
LOVELOGは当初au one net(旧DION)の契約者のみが使えるサービスで、
広告がでないこと、契約がしっかりしていることを理由にこちらでblogの運営を始めました。

あの頃は、サーバ落ちはしょっちゅうだし、めちゃめちゃ重いしでしたが、
ユーザー有志の掲示板などもあり、そちらで知恵を借りたりしながら使い続けました。
ユーザー間のやりとりも結構あり、何人もの大切な友人をこの場所で得ることができました。

現在は無料で誰でも使えるサービスとなっていますが、古くからこの場所を使っているユーザーは
それなりの思い入れを持ってblog運営を続けているのだろうと思います。

2月にはSeesaaへの移行ツールができるとのことで、データは引っ越せそうですが
ソーシャルブックマークや外部からのリンク、またTBのリンクは切れてしまうのでしょう。
私はいくつかのHPとこちらを連動させているので、移行後のアドレスにリンクを貼り直さなければなりません。

もう一つの不安は、コメント欄も一緒に引っ越せるのかどうか…
沢山の方々からいただいたコメントは私にとってとても大事なものですし
こちらで行われた議論は、私だけのものではないですから。


心配や不安は多々ありますが、残り少ない日々、もう少し頻繁に更新できるよう努力したいと思います。
blogの移転など進捗状況は、分かり次第アップさせていただきます。







女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区

posted by akira at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

動機

「誰かのタメになることを、おかんのためにするんだよね」
10年ほど前のお嬢の言葉だ。

当時、色々なところから声をかけていただいて、講演会や研修会、はたまた大学の講義などで話をする機会が多かった頃のこと。話をするといっても自分が体験したこと特に「虐待加害者」だったころのことを話すわけだが。
ある時、平日にそういった仕事が入ってしまい、娘を預ける先の都合がつかず、夜までひとりで留守番させなければならなくなったことがあった。

「おかんさぁ、明日、お話する仕事があるんだけど、帰りが夜になりそうなんだわ。帰ってきたときおかんいないけど、ひとりで留守番出来るかなぁ」
「誰に話すと?」
「学校の先生とか、心の治療をする人になる為の勉強をしてる大学生の人たちが、おかんの話が参考になるから聞かせてほしんだってさ」

そこでお嬢がいったのが冒頭のセリフ
「誰かのタメになることを、おかんのためにするんだよね。大丈夫だよ留守番できるよ」

物事の本質を捉えているというか、私の行動の動機まで、しっかり見抜かれていた。
子どもってすごいなあと思う。


講演会やTVのインタビューを受けるとき、司会者の方は必ずと言っていいほど「誰かの役に立つならと、辛い経験をお話してくださいます」なんていうセリフで私を紹介してくださる。こそばゆいというより、言ってもないことをでっち上げないでくれという、腹立たしい気持ちになる。

自助グループを運営していたこと、誰かの前で話すこと、メディアの取材を受けること、そして、blogで書き続けることは全て自分の回復のためにやっている(いた)ことで、「誰かのため」にやっているわけではない。それらの営みが、たまたま誰かの役に立ったのなら僥倖ではあるが。

たぶん、これからも「自分のため」にここを続けていくのだろうと思うが、こういう動機で書き続けていることを知っていていただけると幾分気が楽になるかなと・・・。

posted by akira at 16:27| Comment(6) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

非力

次々と現れる自衛論者たちを目の前にして、為す術も無く立ち尽くしているといった感がありますが・・・。
非力であっても無力ではないと思いながら踏ん張っています。



posted by akira at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

もっと他にやりようがあるだろう。「子ども手当」編(2)

前のエントリでは、「子ども手当」に関する問題点を思いつくままに書いてみました。

民主党の「子ども手当」に対する基本的な考え方は「子どもが生まれてから社会に出ていくまで一貫して育ちを支えていこうというスタンスに立っている」とのことですが、前エントリで書いたように、たとえ「手当」を支給したとしても、確実に子どもの生活が向上するとは言いきれないし、また、支給そのものを受けられない子どもが出てくるのは必至です。

私は、子育てする親に対する支援ではなく、直接子どもを支援する方法を模索するべきではないかと考えています。
で今回も、またまた「こんな風に使えば」というのを思いつくままに・・・。


■給食費の無料化

「給食費の滞納」が問題になっています(主に親のモラルの問題としてです)が、払いたくても払えない親もいます。
また要保護及準要保護児童生徒援助費補助金(学校給食費)という制度もありますが、制度の利用をためらう(あるいは知らない)親もいるでしょう。
どうせ一律に配るなら、給食費を「ただ」にしてもよいはずですよね。



■「子ども健康保険」の創設と保険料を無料化

昨年、国民健康保険の保険料を滞納し無保険化している子どもが、全国で推定3万人いる(毎日新聞の調査報道により問題化)ことが発覚し国民健康保険法改正につながりました。

改正国民健康保険法が成立 無保険の中学生以下の子女に対し6ヶ月の被保険者証を発行(労務ドットコムの名南経営による人事労務管理最新情報)
 今回の改正により、親などが国民健康保険の保険料を滞納して被保険者証が返還された場合において、その無保険状態を解消するため、中学生以下の子供(15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)については市町村から当該世帯主に対し、当該子供に係る有効期間を6ヶ月とする被保険者証が交付されることとなりました。


引用した記事の通り、無保険の中学生以下の子ども達に対して「6ヶ月の被保険者証を発行」という、場当たり的で中途半端な改正です。抜本的な解決法が必要だと思います。

一方、国民健康保険料の地域間格差は3.6倍に及んでいます。
国民健康保険:保険料格差3.6倍…市区町村・本紙調査 (パトス)
 08年度の最高額は、大阪府寝屋川市の50万4030円で、北海道喜茂別町の50万2500円、福岡県矢部村の49万800円が続いた。最低額は東京都青ケ島村の13万9900円。続いて神奈川県開成町の16万2560円で、20万円未満が9町村あった。

 寝屋川市では、子どもが1人増えるごとに4万2160円ずつ増額される。今回のモデルで所得を400万円に設定すると、同市の保険料は80万円を超える。


国民健康保険料の地域間格差はもちろん解消していくべきことですが(間接的に生活の向上にもつながりますから)、ここでは、子どもに関することについてだけ。


国民健康保険だけでなく全ての健康保険から、(年齢は15歳までとするのか18歳までとするのが良いのか・・・悩むところですが)子どもだけを分離し「子ども健康保険」を創設し、その分の保険料を国が負担する。治療費は養育者が負担する(収入により無料〜2割程度まで負担額を変える)というような方法を考えてみました。いささか雑な提案であることは否めませんが。(実現するには、色々クリアしなければならないことがあるとは思います)


以上は全ての子どもに対する一律な支援の要望ですが、現在、苦しい環境で生活している子ども達には、より手厚い支援が必要なことは言うまでもありません。
また、財源の一部を使い、早急に産科医、小児科医の確保をして欲しいとも思います。

子どもがどんな地域や環境で暮らしていても、最低限の生活を保障する(子どもだけでなく、全ての国民の権利ですが)のは国のつとめのはずです。

一律の「子ども手当」は一件平等のように見えますが、某大阪府知事に毎月2万6000円×7人=18万2000円もの「子ども手当」を、支給する必要があるのかどうか・・・。

財源は無限ではありません。支給するのなら最低限、収入制限はもうけるべきであろうと考えます。そして、残りは支援を必要としている子ども達のために使って欲しいと思います。

憲法25条
「すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」
憲法で保障されたこの権利を全ての子ども達に・・・。

posted by akira at 17:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする