2015年08月01日

先延ばし癖

女性専用カウンセリングルーム office kei カウンセラーの中島です。
前々回のエントリーで、AD/HDの人によくある「先延ばし癖」について書きます。と予告してから2ヶ月半も経ってしまいました…orz  

こういうのが典型的な先延ばし癖というものですね(まるで他人事のよう…)
特に、期限が決まっていないことは、ずるずると延ばせるだけ延ばしてしまいます。

なぜこんなことが起きるのかをご説明する前に、さっくりとADHDの3つの特徴をかいてみます。

・注意力の欠如
  注意が持続できない。すぐに気が逸れる。忘れっぽい。
  反面、興味のあること好きなことには、寝食を忘れてのめり込むことも。

・多動性
  じっとしていられない。そわそわ。しゃべりすぎる(お口の多動)
  落ち着かない感じ。頭の中が忙しい。

・衝動性
  その場の感情や思いつきでパッと動いてしまう。


「先延ばし」とは、やらなければならないことを一時あるいは完全に避けたり、逃避することです。
なぜ、そうなってしまうのか…。

注意・集中が続かないために、単純作業や緻密な作業をめんどくさく感じます。計画をたてて実行する機能が弱いので、何から手をつけていいかわからない。それで余計に億劫になることもあります。
「ああ、あれやらなければなぁ」と分かっていても、そのことを考える続けることがのがストレスになるために、目の前の他のこと、自分が興味を持てることに手をつけてしまう。それに熱中してしまい、やらなければいけなかったことを忘れてしまう…。悪循環ですね。

AD/HDの特徴が相互に作用して「先延ばし癖」が起きると考えられます。



大変お待たせしてしましたが、
やっと書けてホッとしました。(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...



女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区
posted by akira at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタル・ヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック