夏休みですね。


暑いね—と思ったら、今日は土用の丑の日。
今夜は「う」尽くし料理にでもしましょうか。
(日本うなぎが絶滅しそうということなので、大好物のうなぎを自粛中)

DSCN0666.JPG





















この時期に増えるお悩みが「子どもが夏休みでイライラ」


私にも経験があります。
子どもは時間をもてあまして「たいくつ〜。なんかしよう。どっかいこう〜」を連発するし。
ただでさえ暑くてイライラしてるのに、毎日の昼ご飯の考えなきゃいけない。
一人の時間も持てなくなる…。

子どもが小さい頃は専業主婦をしていたので、離れられる時間が持てなかったことが一番辛かったのだと思います(おまけに、一人っ子です)。

その頃、良く避難していたのが、徒歩5分のところにあった図書館。
なんと、ショッピングセンターの中にあったんですよ!
学習室で宿題させたり、2人並んで別々の本を読んだり。
お腹がすいたら、ショッピングセンターのフードコートでおやつを食べて、最後に晩ご飯の買い物をして帰って来るというフルコース。私にとってはパラダイスのようなところでした。

あと、よく行ったのが、市民プール、自然史博物館とか少年科学館とか…。(どこも入場料が驚くほど安いし、涼しいし。笑)

とにかく、なるべく出かけるようにしてました。家の中で二人きりで長時間いると煮詰まっちゃいますから。
それでもイライラが止まらなくて、理不尽な理由で子どもを怒りそうになった時は…。

「かえるの歌」を声に出して歌ってました。
♪かえるのーうーたーがー きこえーてくーるーよー♪
歌ってるうちに、怒ってるのがばかばかしくなって、最後は子どもと一緒に大笑い。


人が怒りっぽくなるのは、さまざまなストレスが関係します。
例えば、空腹、寝不足、暑さ、寒さ、なんていうのもイライラの原因になる事があります。

イライラしたら
・その場を離れる
・深呼吸する(普段から腹式呼吸の練習をしておきましょう!)
・水を飲む
・好きな音楽を聞く
・何かを食べる

などなど、自分なりのリラックス方を見つけておくと良いですね。
この時期でしたら、エアコンをつけて子どもと一緒にお昼寝なんてどうでしょう(笑


暑さ本番です。
夏バテしないように、気をつけてお過ごしください。




女性専用カウンセリングルーム office kei 福岡市中央区

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック