熊森エントリーの資料公開【追記あり】

日本熊森協会について書きたいことはまだまだ沢山あるのですが、以前から地道に批判を続けていらっしゃる方達の足を引っ張ってしまう気がしますので、私はそろそろフェードアウトしようかなと…。
ドカンと大事が起きれば何か書くかもしれませんが。

で、一連の熊森エントリーを書くにあたって、読んだ資料の一部を(使い出がありそうなものを選び)公開します。批判されている方にとっては既読の資料が多いと思いますけど、ひょっとすると誰かのお役に立つかもしれませんので。

■クマ生態関連
JBN緊急クマシンポジウム報告書(PDF)
(全ページ揃った完全版を見つけたので、リンクを張り直しました。12月10日)

東京大学秩父演習林のツキノワグマ(PDF)
野生グマに対する餌付け行為としてのドングリ散布の是非について ~保全生物学的観点から~(PDF)
群馬県におけるツキノワグマ期間限定給餌事業とその課題(PDF)
阿武隈山地南部(茨城県・福島県・栃木県)へのツキノワグマの分布拡大の可能性について(PDF)
ツキノワグマの生態(PDF)

■クマ出没の理由及び対策関連
クマ類出没対応マニュアル -クマが山から下りてくる-(PDF)
堅果の豊凶とツキノワグマの生態(駒場講義)
樹木の豊凶 vs. クマの流産 -知られざる森林の生態系-

■生態系
動物分布調査(哺乳類)
外来生物法と外来生物問題
森林・林業学習館
ナラ枯れは、なぜ問題?: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ
ナラ枯れの被害をどう減らすか ー里山林を守るためにー(PDF)
(上)ブナ林 植樹で弱る
(下)苗の流通 実態つかめず

■狩猟の歴史関連
近世農民の害獣駆除と鳥獣観(PDF)
マタギ―日本列島における農業の拡大と狩猟の歩み―(PDF)
山の風景「東北の山々とマタギの界隈」
第13回マタギサミットIN栄村(秋山郷)
第16回ブナ林と狩人の会~マタギサミットinあさひ~
第18回マタギサミットin東京
第19回マタギサミットin栄村 鈴木牧之「秋山紀行」
第21回マタギサミットin朝日町 山伏修験道とマタギ

狩猟民族研究 ー近世の猟師の実像と伝承ー  永松 敦 法蔵館
マタギ -矛盾なき労働と食文化- 田中康博 えい(木偏に世)出版社


追記:(12月7日0:53)
コメントでアサイさんから資料のご紹介がありました。両方とも、とても分かりやすいです。
この資料はいいぞ!というのをご存じの方がいらっしゃれば、コメ欄でお知らせいただければありがたいです。順次、本文に追加していきたいと思います。

環境省-小中学生向け冊子「クマに注意!-思わぬ事故をさけよう-
「森の外でクマさんと出遭うわけ」

この記事へのコメント

  • アサイ

    akiraさん、はじめましてこんにちは。

    ブログ「紺色のひと」のアサイと申します。
    はてブではいつもお世話になっております。また、本ブログをご紹介いただきありがとうございました。
    熊森関連のエントリ、丁寧な語り口と狩猟からの視点を大変興味深く読ませて頂きました。

    さて、本エントリは公開資料へのリンク集としてとても有用だと思いました。僕も活用させていただこうと思っております。
    個人的には、環境省が子供向けに出しているパンフレットである

    環境省-小中学生向け冊子「クマに注意!-思わぬ事故をさけよう-
    http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5-4a/kids/index.html

    が並んでいてもいいかな、と思いました。
    よろしければご参照ください。

    以上失礼します。
    2010年12月06日 18:02
  • アサイ

    akiraさん、こんにちは。何度もすみません。

    資料として有用かと思いますので、2009年11月に(独)森林総合研究所の主催で行われた『クマ類の出没メカニズムに関する国際ワークショップ』(http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/workshop20091121-22/meeting.html)における公開シンポジウム資料も参考になるかと思い、こちらにpdfへのリンクを貼っておきます。

    「森の外でクマさんと出遭うわけ」
    http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/workshop20091121-22/sympo_20081122.pdf

    よろしければご参照ください。ご存知でしたらすみません。
    失礼します。
    2010年12月06日 18:13
  • akira

    >アサイさん
    コメントありがとうございます。
    こちらこそ、いつもblogを拝見させていただいています。というか、みやまちゃんファンだったりしますw

    ご紹介の資料さっそく追加させていただきました。
    両方とも、とても分かりやすい資料ですね。
    ユニバーサルデザインにも通じるモノがあるというか、使いやすいものっていうのは万人共通なのだろうと思いました。
    2010年12月07日 01:09

この記事へのトラックバック