狩をするって悪いことなの?

この前、日本熊森協会(以下熊森と記す)の会員という人に出会ってからずっと、熊森のことやクマに関することを勉強し続けているんですが、昨日(24日)熊森Newsで気になる記事を発見しました。 11/15 狩猟解禁日のハンターのブログ<さっそくクマ2頭狩猟> 一部を引用します。 ハンターが書いているブログを、送ってくださった方がいます。11/15 狩猟解禁日、さっそくクマ2頭を狩猟して解体し、楽しんでおられるブログです。 このブログを読まれた方は、皆、狩猟の現実を知ってショックを受けられると思います。どんなにがんばっても、わたしたちは、誤捕獲された愛知県の1頭のクマの命すら助けられなかったのに、一方で、ハンターはスポーツ、レジャー、遊びとして、どんどんクマを狩猟していいことになっているのです。 昨日の夕方見たときは当該blogへのリンクが張ってありましたので、そちらのエントリも沢山拝見しました。(さっき見たらリンクが消してありました) 狩猟家・ジムニー改造・遊びBlog お連れ合いのご実家は農家で、blog主の方も野菜などを作っていらっしゃるようです。狩猟が趣味のようですが有害鳥獣駆除もしていて、新しいエントリにも「猪の被害」のことが書かれていました。 確かに、楽しそうに見えたり、軽い表現があったりで誤解を受けそうな気はしますが、殺すのが楽しくて動物を撃っているのではないと私は思います。 このblog主さんは自分で狩った動物は解体して食べていますよね。 どれほ…

続きを読む

祝6周年\(^O^)/

たった今気がついたんですけど、昨日でこのblogを始めて丸6年でした。 (ちなみに、このエントリーは771本目) 放置してばっかりだけど、未だに続いているのは奇跡と言えるかもしれません。 これも偏に読者の皆様のおかげです。 つたない文章お読みいただき、ありがとうございます。 ボチボチと細く長く続けていけたらと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

続きを読む

熊森とひっつきもっつき

日本熊森協会が熊さん達を救うべく、森にドングリや果物を運んでいることが問題になっています。 なぜに餌をまいてはいけないかとか、ことの経緯などは、こちらの記事がとてもよくまとまっていて参考になります。 くまともりとひと 熊森協会の活動すべてを批判するわけではありませんが、熊にドングリを届けるという活動は、生態系の破壊だけでなく結果的に餌付けすることになってしまい、人と熊との境界を壊す行為だと私は考えています。 安易に熊などの野生動物に餌を与える行為の問題点は、すでに多くの方が言及されていますので、私はちょっと違う方面からこの問題を見てみようと思います。 宇多田ヒカルさんのTwitter が話題になった直後に、偶然、熊森協会の会員という人と知り合いになりました。いただいた名刺の裏に所属としていくつかの福祉団体などと共に「日本熊森協会○○支部」と書いてあったのをみつけて、目が点に・・・。 その方のことをよく知っている友人の話によると、その方が熊森協会に入会されたのは数年前で、自分も会員になるように勧められて、会費等をその方が払って友人の家族まで会員になったとのこと(いわゆる幽霊会員ですね)。相当な入れ込みようです。こういった熱心な(?)会員に支えられて現在の熊森協会の活動がある訳ですね。 また、名刺の裏には「養心の会」という名称も。 で、ピピピッとアンテナが立ってしまったのですね。鬼太郎の妖怪アンテナみたいな(^^; 素直にアンテナに従って、どんな会なのか検索して…

続きを読む