ホメオパシーは医療ネグレクトなのか…?

私のはてなブックマークをご覧の方はお気づきだと思いますが、ここ数ヶ月、ホメオパシー関連の情報を追い続けていました。きっかけはこちらの記事 読売新聞の記事(魚拓)より引用 生後2か月の女児が死亡したのは、出生後の投与が常識になっているビタミンKを与えなかったためビタミンK欠乏性出血症になったことが原因として、母親(33)が山口市の助産師(43)を相手取り、損害賠償請求訴訟を山口地裁に起こしていることがわかった。助産師は、ビタミンKの代わりに「自然治癒力を促す」という錠剤を与えていた。錠剤は、助産師が所属する自然療法普及の団体が推奨するものだった。  母親らによると、女児は昨年8月3日に自宅で生まれた。母乳のみで育て、直後の健康状態に問題はなかったが生後約1か月頃に嘔吐し、山口市の病院を受診したところ硬膜下血腫が見つかり、意識不明となった。入院した山口県宇部市の病院でビタミンK欠乏性出血症と診断され、10月16日に呼吸不全で死亡した。 亡くなった赤ちゃんのご冥福を祈りますと共に、提訴された親御さんに感謝と支持を表明します。 このケースの場合は、レメディを投与した助産師が「ホメオパシー、レメディ(記事中の『「自然治癒力を促す」という錠剤』のこと)は、ビタミンKと同じ効用があると思っていた」と話しているようで、医療従事者としての最低限の知識も持ち合わせていなかったのかと怒りを覚えます。また、今回のことだけでなく一部の助産師の間ではホメオパシーを初めとする代替医療が蔓延しているよう…

続きを読む

スープカレー再び

ご無沙汰しております。ぼちぼちやってます。 すっかり放置してしまって… 最近はハイクぐらいしか書いてません。 なかなか涼しくなりませんね。 暑いと食べたくなるのがカレーということで 久しぶりにスープカレー作りました。 前と同じくHANAさんのレシピです。 仕事が忙しかったり、ダンナちゃんが体調こわしたりで ブログ書く余裕がありませんでした。 少し落ち着いてきたので、そろそろエントリ書きます。

続きを読む