2009年08月26日

最高検が方針を示す

今朝(8月26日)の毎日新聞1面トップの記事です。

裁判員:性犯罪、身近な人は不選任 被害者に配慮 最高検魚拓】より引用
 ◇不選任で具体策
 性犯罪を審理する裁判員裁判で、最高検は、被害者と生活圏や人間関係が共通する裁判員候補者を裁判員に選ばないよう積極的に地裁に求める方針を、全国の高検、地検に示した。被害者のプライバシー保護が狙いで、該当者については裁判員選任手続きの際、理由を示さずに不選任請求する。被害者には事前に候補者名簿に知人がいるかも確認してもらい、同様に対応する。不選任請求に関する検察の具体的な方針が明らかになるのは初めて。

具体的な方法は以下のようなものです。再び上記記事から引用

 検察幹部によると、被害者に日常生活の範囲や人間関係を尋ね、地域や団体など「一定の範囲」を設定する。選任手続きでは、「住んでいる自治体は」「職種は」「大学生の知り合いがいるか」「何のサークルに入っているか」などと候補者に対して裁判長に質問してもらい、回答が「一定の範囲」に当たれば理由を示さず不選任を求める。該当者が法定の人数を超えた場合は追加質問で絞り込む。

 また、被害者に候補者名簿を示して知り合いと同じ名前があれば、年齢や容姿を聞く。選任手続きで同一人物と確認できたり、別人と断定できない場合は同様に不選任を求める。「不公平な裁判をする恐れがある」と判断できれば、それを理由に不選任請求する。

社会総合面には、この記事の解説が載っていました。
解説:性犯罪事件の裁判員除外、最高検指針 被害者、不安なお 具体的範囲など課題 【魚拓】より引用
 検察側の方針は、被害者側の要請に応える内容だ。ただし、理由を示さないで不選任請求できる原則4人まで候補者を絞り込む必要がある。被告が複数の事件で起訴された場合は、被害者も複数いて絞り込みが難しくなる。候補者への質問は裁判長しかできず、検察側が求める質問が採用されるかどうかも不透明な側面がある。除外を求める具体的な範囲の設定も今後の課題だ。

 性犯罪を巡っては、6人の一般市民に被害を知られる負担や公開法廷でいわれなき「落ち度」を追及される不安など選任以外の問題も指摘されている。「精神的な二次被害を恐れて被害申告を控える人が増えた」と指摘する関係者もいる。検察を含む法曹三者は、さらに努力を続ける責任がある。


寝ぼけ眼で記事を読んでいて、一瞬「最高裁」が通達をだしたのかと勘違いしましたが、方針を明らかにしたのは「最高検」でした。これまでの動きを見ていた感じでは、検察はこの件にかなり熱心に取り組んでくださっているようです。

検察が具体的な対策を打ち出してくれたことは、被害者にとって一つの安心材料にはなると思います。しかし、解説記事にあげられているように、法廷における2次加害の危険性や、一般市民が「性暴力犯罪」に対して抱いている偏見をどう解消していくかなどの問題は依然として残されたままです。

気になるのは、本来、検察側、弁護側双方に認められれている「理由を示さない不選任請求」の枠を検察側だけが、この件に使おうとしていることです。緊急避難的な対応策なのでしょうが、本来なら法改正をして別枠を設けるべきだろうと思います。

また、今回の検察の対応を見ていて、一層、検察と被害者の一体化が明らかになったという印象を持ちました。今のところ被害者の立場にある私ですが、一つのポジションからのみ裁判員制度を語る危険も感じています。裁判員制度をこのまま続けていいのかという根本的な問いを含め、考え続けていかなければならないと思います。

2009年08月18日

襲う理由

はてなブックマークニュースにこんな記事が出てました。

今や女性は髪を染めないと危険!? Twitterのつぶやきが話題
このTwitterのつぶやきでは、電車で前に立っていた女の子が、「髪が黒いってだけでおかしな男の人に狙われるから」とお母さんに髪を染めるお金を渡されたと話していたことが報告されています。はてなブックマークのコメント欄では、女性ユーザーから「悲しいことにガチなんだよね」、「女性なら似たようなことを言われたことある人が結構いると思う」と、この女の子のお母さんに賛同する意見が多く出ていました。


取り上げられてる「はてブ」はこちら↓
http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/motyli/status/3354871750

ブクマが(記事を書いてる時点で)330になってて、全部読むのはちと大変ですが・・・。
実感として分かるとか、黒髪だから狙われやすいというのはただのイメージぢゃないのとか、いろんな意見が出ていますねぇ。

強姦神話について書いたときに、めっけたけど紹介しなかった記事をここで使ってみる。(役に立って良かったねー)
ページの中程まで降りないと読めないので引用しますね。
• 性犯罪−大人しそうな女性が狙われる 
どういう女性が性犯罪の被害者になりやすいかという調査がまとまった。それによると、「挑発的な服装の女性がいたから」という犯行動機はわずかだったという。警察庁の科学警察研究所が全国の警察を通じて性犯罪の被害者と容疑者に聞いた初の調査の結果である。

容疑者545人に、その被害者を狙った理由を聞いたところ、「挑発的な服装」を挙げた者はわずかで、「おとなしそう」「警察に届けないと思った」の方がはるかに多かったという。「性犯罪は被害者が誘発したかのような偏見があるが、実態は違うことが裏付けられた」と担当者は話しているそうだ。

この調査は、科警研が警察庁捜査一課の協力を得て、1997年10月から98年1月までに全国の警察署で扱った強姦(ごうかん)、強制わいせつ事件の被害者と、検挙された場合は容疑者を対象に実施したもの。

被害者703人のうち、原則として18歳以上で依頼が可能と警察官が判断した人に調査票を渡し、女性204人から回答を得たという(約54%が強姦事件)。
容疑者については、警察官が聞き取りをして記入した。14歳以上の545人分(同52%)を分析した。

なぜその被害者を襲ったのか、という容疑者に対する質問では、「前からつけ回していた」「相手が納得していると思った」など16の理由の中から容疑者が複数選択で選んだところ、「挑発的な服装をしていた」は全体で5%に過ぎず、「好みのタイプ」「だれでもよかった」は約1割だった。
最も多かった「理由」は罪種で違い、強姦事件では「警察に届け出ることはないと思った」(45%)。強制わいせつ事件では「おとなしそうにみえた(抵抗されないと思った)」(48%)が多かったという。

※↑の記事の元になっている文献は、現在入手できませんが「性犯罪被害者の被害実態と加害者の社会的背景」(警察時報 No.11、2000年)だと思います。(県立図書館にもなかった。泣)


容疑者からの聞き取りで、襲った理由で最も多かったのが、強姦では「警察に届け出ることはないと思った」(45%)、強制わいせつでは「おとなしそうにみえた(抵抗されないと思った)」(48%)となっています。

「隙があったから」とか「服装や化粧が派手だから」などと、性犯罪被害者の落ち度が取りざたされることが多いのですけど、実際は派手な人よりおとなしそうな人を狙うというのが加害者の心理らしい。

はてブで話題になっている「髪の色と被害の関連」に直接結びつくモノではないとは思うんですが、「黒髪=おとなしそう」というイメージはあるのかもしれませんね。

笑い話でもなんでもなく、「おとなしそうな服装」とか「黒髪」だった被害者が悪いなんて言われる時が来るかも・・・。



posted by akira at 13:56| Comment(2) | TrackBack(3) | 性暴力被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

盆休みだった

今朝起きたら、リビングにダンナちゃんが居てびっくり@@;
盆休みだってこと忘れてました。

お嬢が関西に行って以来、長い休みはどうも苦手です。
何の話するんだ?4日間も・・・。

posted by akira at 10:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

帰省

6日(もう明日ぢゃん)に、お嬢が帰ってきます。
5ヶ月近く会ってないから、きっと変わっただろうなと思います。
つい数日前に19歳になったばかり・・・。

余程のことがないとメールさえしてこないあっさりしたやつです(苦笑)
誰に似たんだか・・・。

土産は元気な姿で充分。
好物作って待っとうけんね〜。
posted by akira at 00:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする