帰ってきたとたんに…(泣)

11日ぶりに我が家に帰ってきました。 ところが、いつも使っていたパソコンが立ちあがらなくなってしまい、ネットにアクセスすることもままならず。 うわーん(>_<) 月初めに注文していた新しいMacが前日に届いていたのは幸いでした。 何とか設定をすませ、こうして日記を書くことができました。 でも、まだデータの移行ができてないのです。 「転ばぬ先のバックアップ」ですね。深く反省。 明日にでもアップルストアに行ってきます。 また出費がかさむなぁ…(ため息)

続きを読む

搾取

1週間ぐらい前に、ネットのTSUTAYAでDVDをレンタルして 「千年の恋 ひかる源氏物語」をみました。今さらですけど。 で。感想ですけど 一言でいうと「駄作」でした。がっかり。 松田聖子がよく分からない歌を歌い上げるのに興ざめし、時代考証もめちゃくちゃ(お姫様たちは顔をさらし三昧なうえに、たたたっと走りますしね)、言葉も現代語と当時の言葉が入り乱れ…。 ある意味、笑える映画ではありました。 でも… どうしても笑えなかったのは、紫の君や彰子の子役のヌード。 特に「紫の君」の幼少時代の役をやった俳優は上半身ヌードで、光源氏役が女性(天海祐希)だとはいえベッドシーンを演じていますし、当時12歳ぐらいだったようです。(キャストに名前が出ていないので、あえて名前はだしません) 他シーンもリアルに(原作に忠実に)演出されているなら、致し方ないと思ったかもしれません。でも、演出上、必然性のあったヌードだとはどうしても思えません。 出演した当時の彼女の気持ちは分かりませんが。 以前にもこのblogで、子どもタレントの性的な搾取が話題になったことがあります。 http://blogs.dion.ne.jp/akiras_room/archives/7186632.html (特にコメント欄) 私は、芸術作品だとしても18歳未満(法的には児童の年齢)の子どものヌードを商品として扱うのは×だと思っています。 たとえ本人が良いと言っていたとしても。 ※私のスタ…

続きを読む

春は別れと出会いの季節ですね

3月は1ヶ月間ずっと仕事と引っ越し作業に忙殺されてました。 …といっても、お嬢の引越しです。 はい。 大学進学のために関西に旅立ちました。 引っ越し準備は意外と大変でした。 彼女が使っていた家具を殆ど持って行ったので、新しくそろえるものはそれほど無いだろうと思っていたのですけれど。 家具家電に、鍋釜、調理器具、食器、その他もろもろ 出費もかさみましたが、買い出しが大変でした。 やっと暮らせる程度に家財道具も揃って、後は、なんとか一人でやっていくでしょう。(ほっ) 引っ越し先の関西に私も1週間滞在し、10日ほど前に福岡に帰ってきましたが、それから後が… これほど淋しいものとはねぇ。 2~3日は空っぽの部屋をみて涙しましたが、仕事が詰まっていたので救われました。 明日からは開業準備に励みます。 (詳細については、また、いつか) blogの更新もボチボチやっていこうと思いまーす。

続きを読む