湿ってますなぁ

ここ福岡はとっても梅雨らしく、毎日雨が降っています。 どこもかしこもジメジメ・・・・。 LOVELOGも最近湿っぽい っていうか、激重じゃないですか? ログイン画面までたどり着けても、投稿で最低3回はエラーがでます。 私のMacがおかしいのかしら?

続きを読む

ネグレクト(2)

日本で児童虐待と呼ばれている事柄は、英語圏では虐待とネグレクトを分けてchild abuse and neglect とか abuse and neglect of children と表現するようです。 アビューズ(abuse)には乱用、誤用という意味があります。 つまり、子どもの乱用、子どもの誤用となるわけです。また、子どもに対する親権力の乱用という見方もあります。 「子どもの乱用」とか「子どもの誤用」とは、本来の親子関係から離れてしまった関係のあり方(状態)のことです。 一方、ネグレクト(neglect)は、無視する,軽視する,見過ごす、〈義務・仕事などを〉怠る,おろそかにする,顧みない.という意味です。親(殆どの場合、親だけでなく周囲の大人全てを指します)としての義務を果たさない事を指します。 これらはかなり幅広い概念だと言うことがおわかりいただけるでしょうか。 日本の虐待防止法による定義では、保護者がその監護する児童(十八歳に満たない者をいう)について (一) 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。 (二) 児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。 (三) 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による前二号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。 (四) 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する…

続きを読む

ネグレクト(1)

前回のエントリー「虐待という視点」でふれたネグレクトについてです。 まずは私の体験から、ネグレクトと思われる部分だけ・・・。 フラッシュバック注意!

続きを読む

虐待という視点

blogサボりっぱなしですみません。 勤務先からの宿題(レポート)のために、毎日、本を読んでいます。 1週間後が締め切りなので、そろそろ書き始めなければならないのですけど・・・。 最近ずっと報道されていた、秋田の小学生殺人事件で容疑者が犯行を認めたようです。

続きを読む